Star of LIFE

スターオブライフとは災害について法人様へのご提案SOL商品についてお問い合わせ


LED付きマルチツール

LED付きマルチツール ミニ

LED付き伸びるキーホルダー

4つのミニツール&メタルマッチ

LED付き緊急用ホイッスル

G-SHOCK 限定モデル

心拍数計測ウォッチ



商品開発話

新商品開発

お勧め災害用品

販売店について



ご意見・お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
ダウンロードサービス

スターオブライフ公式ウェブサイト
GUARD公式ウェブサイト
各省庁・災害関係へのリンク
気象庁
国土交通省
総務省
首相官邸災害対策ページ

商品の開発「LED付きホイッスル」


阪神淡路大震災から2年後、私は大阪に出張へ行きました。是非、災害の後の様子を自分の目で見たかったので、レンタカーを借り神戸へ向かいました。ひび割れた道路や傾いた柱など、2年後ですら大きな災害だった事がわかりました。大きな災害はやはり怖いと、つくづく思い知らされたことを覚えています。

自然災害はいつ起きるか判りません。特に関東地方は大きな地震の発生する可能性の高い場所です。助かるか助からないか、それが本当に紙一重なのであれば、助かる可能性を少しでもあげる方法はないものかと考えました。ほんの0.01%でもいいのではと思ったのです。その出張から帰った後、私はすぐに商品の検討に入りました。
助かるには助けられなければいけないので、自分以外の誰かに自分の存在であったり、状況を知らせる必要があると考え、そしてできたのが弊社の”LED付きホイッスル”です。これは本当に単純な発想でした。「笛とライトがあって、いつも持っていられるものが良い」という考えのもと、企画を練ったのです。

その時のポイントは、

 @笛は90dB以上でなければだめ
 Aライトは視認性が良いものでなければだめ
 B本体の材質はプラスチックではだめ

の3つを、特に重視すべき項目として捉えました。

@は設計段階で、笛内部の空気が吹きぬける体積(容積?)が重要な事と、息が抜ける微妙な角度の違いが音質・音量に影響を及ぼす事が判りました。体積を変化させながら実験できる試作を特別に作成し、様々な体積で音を鳴らして実験を重ねました。弊社は以前[集音器]の開発も行っており、そのノウハウもここで生かされることになったのです。

Aは当時から高輝度LEDがありましたので問題はないと思っていました。電池の寿命は連続点灯で約8時間程度、と考えていましたので、小さな電池(LR41やLR44のボタン電池)でも稼働できるものが丁度良かったのも事実です。

Bの材質ですが、この時は倒壊した建物の印象が深く、材質に強度の高いものを使いたいと思いました。アルミニウムやポリカーカーボネイトなども検討しましたが、やはり製品にすると少し心もとない。また軽すぎたため何か錘を入れようかとも考えましたが、いっそのこと真鍮で作ってみようと決めたのです。金属の加工は弊社の十八番であり、表面加工も”ちゃちくない”ものにできますし、重厚感も出て、信頼して貰えるのではと思いました。


Echos(エクオス) Echos(エクオス)

今回の震災後も、弊社に多くのお問い合わせをいただいたのがこの笛でした。
単純にライトが付いている笛(笛が付いてるライトとも)なのですが、少しでも弊社の商品が人の役に立てて、嬉しい限りです。


非常食? 常備食?


常備できる保存食も、持っていて大変心強いものです。またバックの中に入れておけば、何かの時に栄養を補給できるのも安心です。でも、それだけではありません。災害時に避難している際、栄養もとれてなおかつ”美味しい”食料は、疲労と不安な状態を和らげてくれるものだと思います。
アウトドアのお店でよく販売されているものですが、今ではコンビニでも携帯食が販売されています。

非常食、常備食の例 非常食、常備食の例 非常食、常備食の例


災害用品のまとめ


弊社の言う「災害用品」とは、いつも持っていられる何気ない商品の事を指します。もちろん、救命救急部隊が装備しているような大掛かりなものを常時持てる筈はありませんから、何気ない小さな物で良いのだと思います。
小さなライト一つ、笛一つあればあなたの命が助かるかもしれません。そしてその命を使って、また人を助ける事ができるかもしれません。




興栄工業株式会社 webサイト会社案内アクセス