興栄工業株式会社 金属加工のプロ達が作る、文具や雑貨・各種キャラクターグッズなどの紹介。プレゼントにぴったりなアイテムもあります。

[KOEI]
RONSON

牙狼<GARO> 魔戒ノ花 ロンソン・タイフーンライター


2014年10月発売
使用ケース/ロンソン・タイフーンライター
加工仕様/全面金めっき・鏡面仕上げのver.1と、真鍮サテーナ仕上げのver.2
メタルは金・銀めっき装飾、眼部に1Cエポ彩色

牙狼<GARO>ロンソン
ガロ 魔戒ノ花

金色に輝く牙狼

牙狼 デザインコンセプト&デティール

「顔」…強いようにも、さみしげにも見える牙狼<GARO>の顔。何かを語っているその目。まばゆいばかりに光輝き、気高いその牙狼<GARO>を表現したい。そんな気持ちで開発しました。
開発のヒントはもちろん、今巷で大評判のパチンコ牙狼<GARO>の台!!初めて見たときには腰を抜かすほど驚きかつ魅入ってしまいました。あまりの衝撃にインスパイアーされました!!恥ずかしながら、やはり率直な表現は伝わるものだなと。

商品は、魔導文字が刻印された金色に輝くライターのベースにひときわ目立つ金色の牙狼<GARO>フェイスを金属で作成し配列しました。黒でロゴを入れ、全体を締めるアクセントに。
老舗の逸品であるロンソンライターの潜在能力も十二分に引き出すことができました。ロンソンは、オイルライターでも1886年創業の老舗ブランド。2013年にレプリカ化されたタイフーンは、無骨ながらも今なお絶大な人気を誇るライターだけに、ガロとロンソン両方に敬意をもって開発できたことに喜びと感謝です!!

金色に輝く牙狼

見るものを惹きつける、金色に輝く牙狼。


「ver.1」は全てを金めっきで包んだ、眩いばかりの輝きを放つ迫力あるデザイン。背景に躍る魔導文字は、
エッチング&ブラスト処理により反射を抑えた加工を施し、金色の鏡のように輝くボディとは異なる光の
コントラストを生み出します。

そのボディにマッチした牙狼<GARO>のフェイスメタルは、眼や牙などが細部まで作り込まれただけでなく、
額や耳の外側・口元などはリアリティを追求し銀めっきを部分装飾。妥協を許さず、部分的に手作業となる
ことも覚悟したこだわりのめっき仕上げです。
そして印象を左右する一番重要な「眼」にはグリーンのエポを充填し彩色。威圧感と鋭い眼光を表現しました。

牙狼 迫力のフェイスメタル

メタルが強く引き立つ「ver.2」も、ベースのライターを真鍮サテーナ加工で仕上げた、まさに牙狼<GARO>
の作品イメージそのもの。ブラックでプリントされたロゴがアクセントとなり、全体を引き締めています。
また牙狼<GARO>のフェイスメタルは、ベースとなるロンソン・タイフーンライター表面のカーブに
合わせて設計されたもの。設計、製造ともに求められる高い加工精度をクリアし一体感と迫力を演出した、
思わず欲しくなってしまうようなデティールです。

牙狼 加工仕様

イメージ
イメージ1イメージ2イメージ3イメージ1イメージ6

イメージ5
ver.1 加工仕様

≪本体≫
両面魔導文字エッチング・全面金めっき鏡面仕上げ、クリアーコーティング、裏面に牙狼<GARO>ロゴをブラックプリント

≪メタル部分≫
金・銀めっき装飾、1Cエポ彩色(眼部)


イメージ
イメージ1イメージ2イメージ3イメージ1イメージ5

ver.2 加工仕様

≪本体≫
表面エッチング・真鍮サテーナ仕上げ、クリアーコーティング、牙狼<GARO>ロゴをブラックプリント
※裏面は真鍮古美のプレーン(柄なし)となります。

≪メタル部分≫
金・銀めっき装飾、1Cエポ彩色(眼部)

製品仕様 牙狼<GARO> 魔戒ノ花 ロンソン・タイフーンライター (ver.1、ver.2とも共通となります)


メーカー

ロンソン

製品サイズ

幅40mm × 高さ60mm × 厚さ24mm

製品重さ

85g

製造国

ライター本体・中国/メタル・日本

加工・装飾

本体、メタルとも全て日本

・製品の外形サイズおよび重さは、若干の個体差がありますのでご了承ください。
・販売につきましては(株)ハッピーラボラトリーまでお問い合わせください。


koei twitter