めっきのことなら東京都北区の興栄工業へ。金属加工のプロ達が作るzippoやメンズアイテム、文具などを紹介します。

[KOEI]

研磨・表面処理

研磨の職人がバフレースを用い、ライターや名刺入れ等、各種金属製品の磨き作業を行っています。経験や繊細さが求められる
難易度の高い仕事ですが、評価の高い当社の研磨技術は、金属をまるで鏡のような平滑度に仕上げます。


製品に表情を与える、研磨・表面処理の加工バリエーション

フォトフレームやライター、名刺入れなど金属製品の質感とイメージを大きく決定づける加工です。光沢が映えるミラー加工
(鏡面仕上げ)、高級感が漂うサテーナ(ヘアライン)加工、そして年月を経たような古めいた印象を与える古美加工など、
表情を加える表面処理には様々なバリエーションがあります。
ここでは「銀めっき」という素地をベースに、各表面処理と加工を施したサンプルを紹介します。

銀めっき


銀めっきをつけたままの状態です。

銀めっきミラー仕上げ


鏡面仕上げ。顔が映り込むまで仕上げバフで磨き、極小のキズなどを滑らかにした状態です。

銀めっきサテーナ仕上げ


「ヘアライン」とも呼ばれる目が高級感を高める表面処理です。貴金属などにも良く使われる加工です。

銀パールめっき


パール(真珠)のような、柔らかく高級感のあるめっき加工です。

銀バレル仕上げ@


表面に砥石でランダムに切込みを入れる加工です。

銀バレル仕上げA


銀の上に黒めっきをつけてから@の処理を施す加工です。

銀めっき古美仕上げ


銀の上に黒めっきをつけ、サテーナバフでその黒めっきを剥き取る加工です。アンティークシルバーなどと呼ばれることもあります。

銀めっきイブシ仕上げ


銀の上に黒めっきをつけ、イブシ用のバフでその黒めっきを剥き取る加工です。ユーズドのような風合いが特徴です。

▲TOPに戻る


エッチング面への表面処理のイメージ

上記のサンプルにロゴや柄などのデザインをエッチングした場合、エッチングによる元の表面との高低差から、各サンプルのイメージは下記の様に変化します。

柄やロゴなどのデザインが落ち込んだエッチング部分には、バフが当たり辛くなります。
サテーナの場合、サテーナのバフは素材の元の高さの面にヘアライン模様を刻み、エッチング部分には当たりが弱くなるためミラーの仕上げに近い鏡面が残り、周囲のサテーナとは表情が異なる仕上がりになります。
またイブシや古美などの【銀めっきの上に着けた黒いめっきを剥き取る加工】では、バフが良く当たる素材の元の高さの面は銀めっきの見え方が強くなります。同時にバフが当たり辛い落ち込んだ部分は黒いめっきが残り、陰影の差が生じます。

銀めっき


銀めっきをつけたままの状態です。

銀めっきミラー仕上げ


鏡面仕上げ。顔が映り込むまで仕上げバフで磨き、極小のキズなどを滑らかにした状態です。

銀めっきサテーナ仕上げ


エッチング部分にミラー仕上げを残し、コントラストをつける加工も可能です。

銀パールめっき


エッチング部分にミラー仕上げを残し、コントラストをつける加工も可能です。

銀バレル仕上げ@


面積にもよりますが、エッチング部分には砥石が当たり難いためミラー仕上げが若干残ります。

銀バレル仕上げA


面積にもよりますが、エッチング部分には砥石が当たり難いため黒めっきが残ります。コントラストが生じる加工です。

銀めっき古美仕上げ


エッチング部分にはバフが当たり難いため黒めっきが残ります。コントラストが生じ、ロゴなどを目立たせたい場合に有効な加工です。

銀めっきイブシ仕上げ


エッチング部分にはバフが当たり難いため黒めっきが残ります。コントラストが生じ、ロゴなどを目立たせたい場合に有効な加工です。

▲TOPに戻る


異なる表面仕上げどうしの組み合わせ

上記の様々な仕上げのほか、同一面に鏡面とヘアラインを加工するコンビネーションなども可能です。
デザインの細かさ等の条件がありますが、光が当たったときのミラーとサテーナ面の反射の変化は、独特の風合いを演出します。

写真のプレートは、いずれも鏡面(ミラー)仕上げとヘアライン(サテーナ)仕上げを1枚のプレートに半分ずつ施したもの。
二つの表面処理の境目で反射が切り替わるので、この境界線をデザインを構成する線として扱うこともできます。


“淡く自然なグラデーション”と評判のKOEIのイブシ・古美仕上げ

凹凸面をより立体的に見せる加工。
メタルやチャームに、より一層の迫力を与えます。

メタルなどではエッチング以上に高低差が激しいため、イブシなどの加工を施す場合はエッチングが深い所にはバフを当てず、黒のめっきをそのまま残すことも可能です。
製品の形状や条件により、機械と手作業を使い分け、そのデザインコンセプトに見合った風合いを表現しています。

 実際のイブシ作業風景(写真) - 加工前・後の変化をご紹介します。

ロビンマスク イブシ 加工前

@ 加工前
こちらは「ロビンマスク」のロンソンライター。ブラックめっきがついているのでそのまま黒く見えます。
この黒いめっきの下の層には銀めっきがつけてあり、黒いめっきを剥き取るのがイブシ加工です。

ロビンマスク イブシ 加工中

A 加工中
イブシ中の作業風景です。回転する「イブシバフ」に製品を押し当てます。バフにより黒いめっきが剥がされていき、その下にある銀めっきの層が現れてきます。
製品を押し当てる強さや時間など、経験が問われる作業です。

ロビンマスク イブシ 加工後

B 加工後
バフに製品を押し当てても、細かな隙間やくぼんだ箇所はバフが接触せず、そのまま黒いめっきが残ります。
この残った黒いめっきと、現れた銀めっきのコントラストが立体感、ユーズドのような雰囲気を作ります。

▲TOPに戻る


各種工作設備とソフトの概要。金属のほか、樹脂成型も行っています。

多種のめっきと、めっきの厚づけによる盛り上げ加工など。

デザインを掘り下げ、凹凸と陰影で柄を表現します。

鏡面仕上げ・ヘアラインやバレルなどの様々な加工を揃えています。

スクリーンプリントや塗装などによる、彩色の加工の紹介です。

数々のリアリティ溢れるメタルやピンズの紹介です。

koei twitter